PALTEK
 

ホーム > 取扱製品一覧 > コーデンシ

KODENSHI/コーデンシ

光技術を応用した光半導体及び、光センサー・光複合部品及びセンサモジュールの設計・開発、販売

コーデンシ株式会社

コーデンシ株式会社のセンサ モジュールの取扱を開始しました

コーデンシ株式会社は、創業から約半世紀に渡り、「高性能」「高品質」「生産力」を武器に、人々の暮らしを豊かにする高付加価値の製品を提供しています。光技術を応用した光半導体および光センサ・光複合部品は、携帯機器、家電商品、自動車部品など、身近な商品の至る所で活躍しております。

この度コーデンシでは、電源を与えるだけですぐに使えるスマートなセンサモジュールを開発しました。補正や演算を内部で処理していますので、新しい用途開発や検討にも最適です。

複雑なアナログセンサの温度補正等のキャリブレーション作業が不要なため、すぐシステムに応用できます。

アナログデータをデジタル処理して出力されるため、エッジ処理や無線によるクラウド通信が容易になります。

マイコンのFWプログラムを変更するだけで、利用目的に最適なセンシングデータを使用できます。

 

製品情報

 

サーモパイル 赤外線温度センサ モジュール

サーモパイルセンサICからの電圧出力でなく、温度(℃)の値がデジタル出力されるセンサモジュールです。

  • 自社立体加工プロセスによりサーボパイルチップからの一貫生産
  • 非接触で対象物の温度を測定
  • サーミスタよりも早い温度応答性

<原理>

受光部で赤外線を吸収して発熱します

温接点(Hot contact)と冷接点(Cold contact)に温度差が生じます

ゼーベック効果により、温度差に比例した起電力が発生し、
それを増幅して出力します

 

特長

  • 自社製サーモパイルセンサ
  • 出力電圧を温度に補正して換算する必要なし
  • 測定温度範囲 −20℃〜100℃(カスタマイズ可能)
  • 動作温度範囲 0℃〜85℃
  • サーモパイル検知温度の他に周囲環境温度も出力
  • 12C デジタル出力

赤外線サーモパイルセンサモジュール データシート (KODENSHIサイトへ)

 

 

照度センサ モジュール

照度センサICからの電流出力ではなく、直接照度(Lx)値がデジタル出力されるモジュールです。

  • 人の目の感度(視感度)に合わせた明るさセンサ
  • 周囲の明るさに比例した出力
  • 小型表面実装タイプとリードタイプをご用意

 

特長

  • 自社製照度センサIC搭載
  • 電流出力を照度に換算不要
  • 測定照度範囲 0Lx〜2500Lx(カスタマイズ可能)
  • 動作温度範囲 0℃〜85℃
  • 12C デジタル出力

照度センサモジュール データシート (KODENSHIサイトへ)

会社概要

社名 コーデンシ株式会社
設立 1972年
所在地 京都府宇治市
URL(HQ) http://www.kodenshi.co.jp/


 
  • 製品情報
お問い合わせ
お問い合わせ・お見積り・資料請求
045-477-2003

このページの上部へ