PALTEK

ホーム > 技術セミナー・トレーニング > 特別セミナー > セミナー名
技術セミナー・トレーニング 一覧へ戻る

特別セミナー

関連:

9月1日開催
機械学習はFPGAエキスパートを追い越すか
  - 機械学習の仕組みとFPGA開発フローへの技術運用 -

  半日コース
概要

 

機械学習や人工知能の技術は、囲碁や将棋の世界のみならず、私たちの日常にも入り込んでいます。大手EDAベンダーも公表こそしてはいないものの、研究開発や技術適用とその評価は進めています。もともとビッグデータを扱うEDAツールに機械学習の技術を応用することは決して不思議なことではありません。事実、FPGAの論理合成と配置配線でユーザが設定するオプション指定は、その組合せ数は40垓(1垓は10の21乗)にもおよびます。宇宙に存在する恒星の数がおよそ100垓とも言われており、設計者はこのような膨大な選択肢の中から、配置配線のクロージャーを試みているのです。

このセミナーでは、FPGAのトレンドや機械学習の基礎について触れ、FPGAの論理合成と配置配線に対してビッグデータ解析と機械学習を適用しクロージャーを自動化する、PLUNIFY社のInTimeとそのテクノロジについてご説明します。さらにPLUNIFYが打ち出す今後の開発ロードマップについてもご紹介いたします。

参加対象
  • FPGA開発プロジェクトリーダー
  • 複数のFPGA開発プロジェクトを束ねるマネージャー
  • FPGA開発フローを革新したいと考えている設計者、技術者
参加条件
  • FPGA開発に携わっており、設計と検証の経験や理解がある
アジェンダ
  • FPGA設計トレンド及び機械学習のEDAへの適用
  • 機械学習ベースの収束の仕組みと設計フローの自動化
  • InTimeデモンストレーション
  • 開発ロードマップ
  • 質疑応答

※内容は変更となる場合がございます。

定員 30
受講料 無償
お申し込み 下記「お申し込みボタン」からお申し込みフォームにお進みください。
日時・場所
2017/9/1(金) 13:30〜16:30 新横浜 受付終了

※日程は変更となる場合がございます。

※最少催行人数: 15名

 

技術セミナー・トレーニング

セミナー・トレーニングに関するお問い合わせ

受講フローMAPでご確認ください!

このページの上部へ