ハードウェアエミュレータ
[白虎]

自動運転・EV開発用
シミュレーション高速化
ソリューション

ハードウェア エミュレーション 白虎

自動運転・EV開発用
シミュレーション高速化ソリューション

手軽に導入!  ハードウェアのみでHILSが完結する
シミュレーション高速化ソリューション
ハードウェア エミュレータ白虎

特徴

手軽に導入できるHILS (Hardware-in-the-loop simulation)
大きさは手のひらサイズですので、机上で容易に運用できます。
車両運動モデル、バッテリモデルを用意
ECU (Electronic Control Unit)、BMS (Battery Management System)に接続して
評価・テストを実施できます。
MILSに活用
モデルのハードウェア化によって高速シミュレーションが可能となり、
 MILS (Model-in-the-loop simulation)に活用できます。
モデルのハードウェア化受託
貴社オリジナルモデルのハードウェア化も承ります。
 

概略

車両運動モデル

23種類の物理パラメータ値、目標速度/ステアリング角を変更することにより、自動運転・EVの制御シミュレーションに活用できます。

バッテリモデル

特性パラメータ、負荷電流を変更することにより、BMS ECUの制御シミュレーションに活用できます。
100Cellを超えるバッテリを模擬することができます。

システム構成
白虎」に搭載しているプラントモデルには、
株式会社ネクスティエレクトロニクスが開発したモデル(ezVDM)を使用しています。
エミュレータ活用例
  •  ECUの
    テスト冶具
  • バッテリコントローラの
    プラントモデル
  • 電動化車両の
    統合制御検証
  • 車両運動/BMS制御ロジック
    (ソフト)検証
  • 車両のGセンサや
    ヨーレートセンサの模擬
ECUのテスト冶具
バッテリコントローラのプラントモデル
電動化車両の統合制御検証
車両運動/BMS制御ロジック(ソフト)検証
車両のGセンサやヨーレートセンサの模擬

ハードウェア エミュレータ「白虎は、
HILS環境構築の手間や費用でお困りの
お客様に向けたソリューションです。 

お問い合せ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。