PALTEKは、リキッド・デザイン・システムズ社の販売総代理店であり、IBUKI製品の製造元です。
 
PALTEKは、リキッド・デザイン・システムズ社の販売総代理店であり、IBUKI製品の製造元です。

 

リキッド・デザインの「呼吸見守りセンサー IBUKI」 は、
保育士さんといっしょに赤ちゃんの睡眠を見守ります。

 


本技術の計測はあくまで推計であり、医療行為などには対応しておりません。

本製品は保育従事者の業務を補助するものであり、
置き換えを目的としたツールではありません。

IBUKI の使い方

  • 布団・マットレスの下に設置するだけ
  • 体に接触することなく睡眠中の呼吸数・体動を検知
  • 呼吸数が低下したときに、アラームでお知らせ
  • コンセントが無い場合は、携帯用充電池で動作可能
  • 布団・マットレスの下に設置するだけ
  • 体に接触することなく睡眠中の呼吸数・体動を検知
  • 呼吸数が低下したときに、アラームでお知らせ
  • コンセントが無い場合は、携帯用充電池で動作可能
  • IBUKIのセンサーマットをマットレスまたは布団の下に設置することでモニターが可能になります。(マットレス/布団の素材や設置位置により計測不可能は場合もあります。)
  • IBUKIの作動中は iPadのアプリを利用して一度に12人のデータを見ることができます。
  • 乳幼児の呼吸数と体動くを数秒毎に見守り、「安定」「体動」「注意」の表示で睡眠状態を確認・記録ができます。

IBUKI の特長

保育従事者のストレスを軽減
乳幼児の見守りにおいて、安全対策の強化および保育士さんの心理的負担の軽減を目的をした補助的システムです。
 
信頼の日本製
センサーを布団やマットレスの下に取り付けるだけ。うつぶせ寝等による呼吸異常を音でアラート。呼吸の記録も取ることができます。
補助金対象
国および全国自治体が実施する「保育対策総合支援事業費補助金」の対象商品です。 乳幼児を監視する機器の導入促進をする補助金の 支給が実施されています。 

保育従事者のストレス軽減に IBUKI

現在の保育現場では、待機児童問題により定員限度一杯の子供をあずかっている上に、保育士が不足している状況であり、保育士の業務負担は非常に高くなっています。数分毎に乳幼児を直に確認してSIDS防止チェックシートに記載するなど、時間的拘束だけでなく心理的負担が大きいものです。
IBUKI は、呼吸数・体動を検知してアプリに記録し、状態を視覚的に確認することができます。同時に12人の乳幼児の睡眠状況を見守ることができます。
(本製品は保育従事者の業務を補助するものであり、置き換えることを目的としたものではありません。)

 

信頼の日本製

IBUKIの設計・製造・販売は日本で安心です。従来のベビーセンサーとの大きな違いは、体動を検知することはもちろん、呼吸をモニターし平均呼吸数も確認できる点です。

  IBUKI 主な海外製品
体動検知
呼吸検知  平均呼吸数 NG
アラート音
記録 NG
午睡チェック表の生成 NG
同時モニター 12人 NG
iPhone/iPad連動 NG
介護利用 NG
生産国 日本 中国/イスラエル 等
 

信頼の日本製

IBUKIの設計・製造・販売は日本で安心です。従来のベビーセンサーとの大きな違いは、体動を検知することはもちろん、呼吸をモニターし平均呼吸数も確認できる点です。
 

  IBUKI 主な海外製品
体動検知
呼吸検知  平均呼吸数 NG
アラート音
記録 NG
午睡チェック表の生成 NG
同時モニター 12人 NG
iPhone/iPad連動 NG
介護利用 NG
生産国 日本 中国/イスラエル 等

 

IBUKI は、国および全国自治体が実施する事故防止補助金支給の対象です。

リキッド・デザインが保育施設向けに開発した「IBUKI」は、国および全国自治体が実施する事故防止補助金の対象です。平成299月には東京都が待機児童解消に向けた追加対策(7:保育所等における児童の安全対策の一層強化)において、監視モニターやベビーセンサー等の設備導入を促進するために補助上限額100万円(補助率10/10)を展開すると発表しました。今年度も引き続き、東京都や全国の保育に力を入れる自治体を中心に、補助金の給付が実施される見込みです。
 

午睡チェックアプリ「IBUKI NAP」

午睡チェックアプリ「IBUKI NAP(ナップ)」は、呼吸センサー IBUKI ONE と連携して呼吸状態を12人までモニタします。
呼吸を見守りながら午睡チェック表をタップで簡単に作成し、PDF出力/印刷もできます。


クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

リキッド・デザイン・システムズ社について

株式会社リキッド・デザイン・システムズ社は、独自のバイタルセンサーを利用した、ユニークなテクノロジーを発明・開発しています。

株式会社リキッド・デザイン・システムズは、2008年に創業して以来、技術ベンチャーとして「3次元IC実装技術」を始めとした先端テクノロジーを世界の顧客に提供していましたが、2013年に、IoT化した日本式介護技術を活用する事業へ転換。事業転換以来、独自のバイタルセンサー技術、Smart-B-con温湿度/位置・動線検知技術他、ユニークなテクノロジーを発明/開発し、常にお客さまに“サプライズ”を提供したいう思いで活動しています。さらに、自社技術にとらわれず他社技術も取り入れ、ビジネスを通して様々な社会的課題を解決できる企業を目指しています。
 

社名 : 株式会社リキッド・デザイン・システムズ
設立 : 2008年06月
本社 : 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-4クレッシェンドビル
URL : http://liquiddesign.co.jp/

IBUKI 開発の背景「ソニー創業者 井深大氏の遺志を継ぐ」

本製品は、元SONY技術者から生まれた技術を具現化したものです。

  • 1989年 SONY創業者井深氏(1908-1997)の特命で社内に脈診研究所が開設
  • 1990年 井深氏の発案で東洋医学の診断法を西洋医学的な計測値で表示する五行アルゴリズムの開発スタート
  • 1997年 SONYより独立。Masaru Ibukaの頭文字をとってMIラボ社設立。
  • 2013年 リキッド・デザイン・システムズが開発および販売を継承し、IoT技術を利用してMIラボ技術の製品化開発スタート
  • 2016年 IoT呼吸センサー他試作品完成
  • 2017年発売開始
問い合わせ・無料トライアルのお申し込みはこちら問い合わせ・無料トライアルのお申し込みはこちら
開発元