HOME | 梱包資材の世界動向とRanpak社の紹介 | 世界で広がるプラスチックの利用・販売禁止の動き

世界で広がるプラスチックの利用・販売禁止の動き

海洋汚染の原因 プラスチック

現在、プラスチックは深刻な海洋汚染の原因となっており、さまざまな国や地域でプラスチック製品に規制を課す動きが活発になっています。

具体的な例では、英政府は2018年4月に、プラスチック製のストローやマドラーなどの販売を禁止する計画を打ち出しました。米国シアトルでは、2018年7月1日以降、レストランやカフェ、飲食サービス業での使い捨てのプラスチック製のストローとカトラリー類の使用を禁止することにしています。
 
欧州連合(EU)は、2018年6月にストローなど一部の使い捨てプラスチック製品の流通禁止に踏み切ることを発表しました。2019年5月までにEU加盟国らの承認を得ることを目指しており、プラスチック製品を別の素材を使った代替品に切り替えるよう義務付けるということです。代替品のひとつが「紙」です。例えば、プラスチック製のストローに代わるものとして「紙製のストロー」の需要がいま伸びています。

これが世界の流れでもあり、いずれ日本市場においても同様の取組みが推進されると考えられます。

現在、プラスチックは深刻な海洋汚染の原因となっており、さまざまな国や地域でプラスチック製品に規制を課す動きが活発になっています。

具体的な例では、英政府は2018年4月に、プラスチック製のストローやマドラーなどの販売を禁止する計画を打ち出しました。米国シアトルでは、2018年7月1日以降、レストランやカフェ、飲食サービス業での使い捨てのプラスチック製のストローとカトラリー類の使用を禁止することにしています。
 
欧州連合(EU)は、2018年6月にストローなど一部の使い捨てプラスチック製品の流通禁止に踏み切ることを発表しました。2019年5月までにEU加盟国らの承認を得ることを目指しており、プラスチック製品を別の素材を使った代替品に切り替えるよう義務付けるということです。代替品のひとつが「紙」です。例えば、プラスチック製のストローに代わるものとして「紙製のストロー」の需要がいま伸びています。

これが世界の流れでもあり、いずれ日本市場においても同様の取組みが推進されると考えられます。

中国の廃プラスチック輸入禁止が与える影響

中国政府輸入禁止品目

また、中国では2017年末から廃プラスチックの輸入を禁止しました。再利用可能な資源のなかに汚れていたり危険なゴミが混在し、これが中国の環境を深刻に汚染しているためです。
 
これにより世界中の企業が中国に廃プラスチックを資源として輸出することができなくなり、自国で処理しなければならなくなっています。 プラスチック製品の使用を減らしていかなければ、環境を破壊し続けることに加え、廃棄やリサイクルコストの増大にもつながることになります。 
 
さらに、近年の通販市場の活況を背景に物流コストの上昇も懸念されており、お客様は物流コストの低減を図るソリューションを日々模索しているのではないでしょうか。

PALTEKはプラスチックの削減に取り組んでいます。
PALTEKは海洋プラスチックごみの問題解決に取り組んでいます。
無料トライアルできます無料トライアルできます
Ranpak通信購読
Ranpak YouTubeチャンネル
Ranpak WEBサイト