LDL社 TPMSとは

TMPSを中心とした車両・タイヤ管理

TPMSとは

TPMSの世界の法制化と日本市場動向

TPMSの世界の法制化と日本市場動向

タイヤの空気圧や温度を常時監視するセンサーを用いた、タイヤ空気圧モニタリングシステム「TPMS(Tire Pressure Monitoring System )」の導入は世界的な潮流となっており、米国では、2000年に起こったタイヤ空気圧の低下により発生した事故がきっかけとなり、タイヤ空気圧を監視し低下を警告するシステムの装着が義務付けられました。
米国内で販売される4.5t以下(トラック・バスなどの大型車を除く普通車)の新車については、2007年9月より装着が完全義務化されています。

タイヤの空気圧が低下すると、燃費の悪化、走行安定性の低下、タイヤ磨耗の助長、ブレーキから停車までの制動距離の伸長などの悪影響が発生します。さらに空気圧低下はタイヤバーストの主要因の一つであり、適正な空気圧をリアルタイムにモニタリングすることで重大事故を未然に防ぐことが可能です。また、タイヤ内の熱もモニタリングすることができるため、タイヤの火災を防止することもできます。また、タイヤの空気圧が下がると燃費も悪くなるため、無駄なCO2を排出することにも繋がって地球上のCO2削減の妨げにもなります。

こうした面から、タイヤの空気圧や温度を常時監視するセンサーを用いた、タイヤ空気圧モニタリングシステム「TPMS」の導入は、いまや世界的な流れとなっています。
アジアを見ると、韓国では2013年に装着の義務化が決定され、2019年からは中国で導入されることが決まっています。日本においても国土交通省や経済産業省などで検討が行われています。
トラック・バスの法規制状況としては、欧州(EU)では2020年9月導入を目指しており、17tまでのトラック、25tまでのトレーラー・バスを対象とした法制化を検討中です。

TPMSの世界の法制化と日本市場動向

様々なTPMSのメリット

  • 1.タイヤの寿命が延びる
  • 2.安全性が向上する
  • 3.車両のダウンタイムを軽減する
  • 4.無駄なCO2を排出しない

LDL社 TPMS導入のメリット

フランス LDL社 TPMS(タイヤ空気圧監視システム)は、タイヤホイールに装着するホイールユニットセンサー(TPMS・熱送信センサー)、RCU(受信機)、モニターディスプレイ、TCU(通信機)で構成されており、それぞれの機器が完全にワイヤレス化されているのが特徴です。

遠隔地でも、複数台でも、事務所内での一元管理が可能に

車両の状態を一元管理!

車両のタイヤの空気圧や温度をモニタする「TPMS」は、単体でも車両やドライバーの安全を守ることができる優れた機器ですが、車両の各種設備を監視・管理するトータルネットワークのうちのひとつの装置としてのご提案が可能です。
LDL社製のTCU(受信機)を、ドア開閉センサー、冷凍冷蔵庫温度センサー、EBS電子制御ブレーキなどの多種多様なセンサーと接続させ、高品質なセンサーネットワークを構築して、車両設備全体のデータをリアルタイムに取得することができます。遠隔地でも、複数台でも、事務所内での一元管理が可能になります。
車両管理にお困りになっている企業様は、ぜひ一度PALTEKにご相談ください。
車両管理ネットワークの構築から機器の取り付けまで承ります。

LDL社製 TPMS “Tire Watch”の部品構成

LDLテクノロジー社の提供するTPMS ”Tire Watch”

”Tire Watch” は、
(1) ホイールユニットセンサー
(2) RCU(受信機)/TCU(通信機)
(3) モニターディスプレイ
で構成されています。

Tire Watch

各装置の仕様は以下のとおりです。

各装置の仕様は

この動画では、どのようにトラックの車体に取り付けているのかをご確認いただくことができます。

YouTube動画はChromeまたはFirefoxでご覧ください。

LDL社製 TPMS の採用事例

La Poste ColiPoste社(フランス郵政公社(LaPoste)の物流サービス)

フランスのLa Poste ColiPoste社(ラ・ポスト・コリポスト)ではLDL社のTPMSが採用されており、TPMSの導入メリットを強調しています。

Michelin Solutions社(フランスに本拠地を持つ世界規模のタイヤメーカー)

フランスのMichelin Solutions(ミシュラン・ソリューション)では、LDL社のTMPSが採用されており、「TPMSのおかげで空気の抜けたタイヤを見つけ、空気を入れなおすことでタイヤのパンクや故障を100%未然に防げるようになった」と証言しています。

主な顧客(一部抜粋)

二輪
  • 本田技研工業株式会社
  • 川崎重工業株式会社
  • ヤマハ発動機株式会社
  • HARLEY-DAVIDSON INC.
  • ALLIGATOR Ventilfabrik GmbH
トラック・バス
  • DAF Trucks N.V.
  • Iveco Ltd.
  • Renault S.A.S
  • Volvo Trucks
  • ジェイ・バス株式会社
  • Heuliez
  • Van Hool N.V.
タイヤメーカー・その他
  • MICHELIN solutions
  • Continental AG
  • Goodyear Tire and Rubber Company
  • Bridgestone Corporation
  • Dunlop Tires
  • ALLIGATOR Ventilfabrik GmbH
四輪
  • SUBARU TECNICA INTERNATIONAL INC.
  • Lotus Cars Ltd.(EV)
  • Bollore SA(EV「ブルーカー」)
  • Mia Electric
  • CODA Automotive Inc.
  • Automobili Lamborghini S.p.A
建機
  • J.C.Bamford Excavators Ltd.
  • Volvo Construction Equipment
  • Komatsu America Corp.

関連ソリューション

トラック・バス向け車両管理
ソリューションについての
お問い合わせは
下記よりお気軽にどうぞ。

トラック・バス向け車両管理ソリューションについてのお問い合わせは下記よりお気軽にどうぞ。

お問い合わせはこちら

045-477-2009 受付時間 9:00~17:00(土日・祝日除く)

フリートマネジメント担当まで