1. 株式会社PALTEK
  2. TECHブログ
  3. セミナー
  4. 【10/28開催】FPGA実機の火入れ前に行うべき自動検証

TECHブログ

【10/28開催】FPGA実機の火入れ前に行うべき自動検証

【10/28開催】FPGA実機の火入れ前に行うべき自動検証

【 10/28開催 】Webセミナー

FPGA実機の火入れ前に行うべき自動検証

RTLコードが完成したらLINTを実行し、必要最低限のシミュレーションを走らせた後にFPGAの実機に火入れして確認する。

以前はこれでも通用したかも知れませんが、いま多くの設計者が直面する課題は「FPGAの実機で出た問題をシミュレーションで再現するのが大変」というものです。問題を再現するためのテストパターンは、正しい動作を確認するテストパターンよりもはるかに難しく、問題発生のシナリオをいくつか想定し、何度も試さなくてはなりません。

実機で確認する前に事前に問題をつぶす「検証の前倒し」が必要です。そこで有効なのが「完全自動化されたフォーマルによる網羅的な検証」です。特別なスキルや労力を必要とせず、検証を前倒した上で、確信をもって実機の火入れをすることができます。

こんな方にお奨めです!

・FPGA実機テストでのデバッグに限界を感じている方

・シミュレーションのテストパターン作成に限界を感じている方

・FPGA実機で出た問題をシミュレーションで再現することに苦労している方

・RTL設計/修正からFPGA実機確認までの繰り返し回数を減らしたい方

・複雑なFSMの検証に苦労されている方

・シミュレーションに十分な時間が割けない方

 

概要

開催日時 2020年10月28日(水) 13:30~14:30(30分 + Q&A)
受講費用 無償
受講対象 ・FPGA設計者、テストエンジニア
・FPGAプロジェクトマネージャー
受付締切 2020年10月27日(火) 12:00

アジェンダ

・FPGA検証の現状

・検証の問題点

・検証の質を平均的に上げるには

・検証自動化のすすめ

WEBセミナーお申込み

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。