株式会社PALTEK > ESG・SDGsへの取り組み > ガバナンスへの取り組み
ガバナンスにおける取り組み

ガバナンスへの取り組み

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社グループはコーポレート・ガバナンスを、ステークホルダーすべてに対して企業価値の最大化を図り、「共生の理念」を実現するための経営統治機能と捉えております。その基本方針として、「常に市場環境の変化に迅速に対応すること」及び「経営の透明性を高めること」を掲げております。

(詳細については、株主投資家情報のコーポレートガバナンスにリンクさせる)

内部統制システムおよびリスク管理体制

当社は、内部統制システム及びリスク管理体制について、以下のとおり整備しております。

取締役・使用人の職務の執行が法令・定款に適合することを確保するための体制

当社では、「多様な存在との共生」を「PALTEK経営理念」とし、当社を取巻く様々な外部環境への適合・共存の実現を目指しております。「共生の理念」を実現するために、取締役・従業員全てが高い倫理観を持ち、法令・定款を遵守する体制を再度認識することを目的として、具体的に以下の整備を行っております。

「PALTEK行動指針」

取締役及び従業員「自ら」が次の事項を表明しております。

  • 法令を遵守し誠実かつ倫理的に行動する

「コンプライアンス基本規程」の制定

当社の役員及び従業員が、企業人、社会人として求められる価値観・倫理観によって誠実に行動し、法令(行政上の法律・通達等を含む)、社内規程・社内規則等及び企業倫理・行動指針に基づいて行動することを趣旨として、次の事項を規定しております

  • 役員及び従業員の責務(法令順守と倫理的行動の実践)
  • 禁止事項(コンプライアンス違反行為の実行・指示・示唆・黙認)
  • 法令、規程、定款等に違反する行為を行っていることを知ったときの報告の義務
  • コンプライアンス事前相談の実施
  • コンプライアンス研修の実施

「リスク情報連絡規程」の制定

会社における法令・定款・行動指針の違反やリスク等(顕在化情報・顕在化可能性情報を含む)をいち早く察知し、会社のイメージダウンや信用の失墜につながる不祥事等の可能性を、“芽”の段階で摘み取り、会社の「自浄作用」を円滑に働かせることにより、組織の透明性を確保するための体制を整備しております。

「リスク情報連絡規程」の制定

会社における法令・定款・行動指針の違反やリスク等(顕在化情報・顕在化可能性情報を含む)をいち早く察知し、会社のイメージダウンや信用の失墜につながる不祥事等の可能性を、“芽”の段階で摘み取り、会社の「自浄作用」を円滑に働かせることにより、組織の透明性を確保するための体制を整備しております。

損失の危険に関する規程その他の体制

当社では、「多様な存在との共生」を「PALTEK経営理念」とし、当社を取巻く様々な外部環境への適合・共存の実現を目指しております。「共生の理念」を実現するために、取締役・従業員全てが高い倫理観を持ち、法令・定款を遵守する体制を再度認識することを目的として、具体的に以下の整備を行っております。

「リスク管理規程」の制定

当社におけるリスクの範囲をコンプライアンスリスク、ストラテジーリスク、営業リスク、財務リスク、事故によるリスク、犯罪リスク、権利リスク、人事リスク、災害リスク、情報漏洩リスク、その他会社の存続にかかわる重大な事案を明確にするとともに、各リスク対応担当部署を明確化し、顕在化した場合の招集、対策組織の構成、リスク対応の具体的業務を規定しております。

「リスク情報連絡規程」の制定等

様々な「損失の危機」に対応するためリスク情報窓口をオペレーショナルサービスディビジョンに設置するとともに、さらに次の特別な体制を確保しております。

  • 情報漏洩リスクに対しては、当社は平成16年12月21日、株式会社トーマツ審査評価機構の審査により、情報セキュリティマネジメントシステムISMS認証を取得し、平成19年11月には同認証のISO化への移行対応を終えて、ISO27001(JIS Q 27001)の認証を受けました。今後もISO27001(JIS Q 27001)の維持更新を行うことにより情報セキュリティの能力及び管理体制を維持してまいります。
  • 災害リスクに対しては、「危機対応管理手順書」の策定及び安否確認システムの導入により、災害時の事業継続体制・復旧体制を確保しております。

リスク対策室

当社では、経営危機が発生したときまたはリスク情報が経営危機に発展する可能性のあるとき等必要に応じて、危機の解決・克服または回避のため、オペレーショナルサービスデビジョン本部長は直ちにリスク対策室を招集・設置いたします。リスク対策室では、以下の業務を実施することとしております。

  • リスク及び経営危機に関する情報収集
  • 必要な場合は官庁との連絡
  • 対応策の検討、決定及び実施
  • 社内・社外への情報のコントロール
  • 再発防止策の検討、決定及び実施
  • その他対策等で必要なこと

当社及び子会社の取締役及び使用人が当社の監査役に報告をするための体制及びその他の監査役への報告に関する体制並びにその他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

当社では「監査役規則」により監査役の経営会議への出席を義務付けており、監査役に対しグループ全体の情報が定期的に報告され、また監査役は必要に応じて取締役及び従業員に対し説明及び関係資料の提示を求めることができ、監査を効率的・実効的に行える体制を整えております。
さらに監査役は内部監査部門及び会計監査人と連携した情報の共有化を行い、当社の現状について幅広い情報を得ることにより監査役監査の実効性をさらに充実させるよう努めております。

また、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事項やコンプライアンスに関する重要な情報は「リスク情報連絡規程」において、リスク対策室または従業員から直接監査役へ報告される体制を構築しております。

反社会的勢力排除のための基本的な考え方及びその整備状況

当社は「反社会的勢力の排除に関する規程」を定め、反社会的勢力との一切の関係を遮断し、反社会的勢力による不当要求には、弁護士や警察等の外部専門機関との緊密な連携のもと、情報収集と安全確保に努め、組織全体として毅然とした態度で対応することとしております。

コンプライアンスの徹底

PALTEKは、社会の構成員としての企業人、社会人として求められる価値観・倫理観を遵守し、法令・企業倫理および定款・経営理念・その他の社内規程類を遵守し、誠実に行動してまいります。

  • 人権の尊重、差別・セクシャルハラスメント・パワーハラスメント等の禁止
    人権を尊重し、差別・セクシャルハラスメント・パワーハラスメント等を行わない。被害者ははっきりと相手に伝える、周りは職場の問題として見てみぬふりをしない。
  • 安全保障貿易管理
    国際的な平和および安全の維持のため、厳格な安全保障貿易管理を行い、法令違反防止はもちろんのこと、企業として不適切な取引には関与しない。
  • 贈収賄の禁止および贈答・接待等
    不正な利益の供与・申し出・約束をしない。これらの行為に関し、他の事業者を幇助したり、謀議に参加しない。また、取引先に対する贈答・接待等は社会通念上妥当な範囲を超えて行わない。
  • 反社会的勢力への利益供与の禁止等
    反社会的な活動や勢力に対しては毅然とした態度で臨み、一切の関係を遮断する。
  • インサイダー取引規制
    インサイダー取引規制に違反する行為を行わない。
  • 適正な経理処理・税務申告と適正な会社情報の開示
    経理処理・税務申告を適正に行わなければならない。また、重要な会社情報は、適正に開示しなければならない。

情報セキュリティ

ISO27001

情報セキュリティ基本方針

当社は、創業以来「多様な存在との共生」という経営理念のもと、「社員、お客様、仕入先、投資家との共存共栄を目指す」ことを行動指針の一つとし、エレクトロニクス業界のお客様が抱える課題へのタイムリーで最適なソリューションの提供に努めてまいりました。

そのようなソリューションサプライヤーであり続けられるよう、情報セキュリティをお客様及び社会からの信頼を確保・維持する上での重要な要素と捉え、次のとおり情報セキュリティ基本方針を定めております。

  1. 当社は、情報セキュリティを重要な経営課題の一つとして位置付け、かつ、リスクマネジメントの一環として取り組みます。
  2. 当社は、顧客情報をはじめとする情報資産を価値ある経営資源と考えており、あらゆる脅威から守る為に情報セキュリティ・マネジメントシステムを確立します。
  3. 当社は、情報セキュリティに関する法令、及びその他の規範を遵守します。
  4. 当社は、情報セキュリティに対する企業としての責務を明確化すべく情報セキュリティの基本ルールを定め、業務従事者にも負うべき責務を課し、必要な教育・訓練を行い、啓蒙を図ります。
  5. ますます複雑・高度化していく内部・外部のリスクと要求に対応する為に、当社は情報セキュリティ・マネジメントシステムの枠組みの中で、全社および関連する部門において、事業目的に沿った目標を設定し、運用し、継続的な改善に努めます。

登録証の内容

適用規格
JIS Q 27001:2014ISO/IEC 27001:2013
認証機構
日本検査キューエイ株式会社
登録番号
I399
認証取得日
2004年12月21日
有効期限
2019年12月20日
登録範囲
本社
  • 半導体および関連商品とソフトウェアの販売
  • 電子機器の設計開発支援サービス
  • 環境配慮型ソリューションの提供
  • 半導体メモリー書込み業務
西日本支社・名古屋営業所・福岡営業所
  • 半導体及び関連製品とソフトウェアの販売
ロジスティックセンター
  • 半導体メモリー書込み業務、物流管理
JAB

セキュリティ事故防止に向けた措置

当社では、情報セキュリティ事故防止に向け、下記の措置を推進しております。

ファイル送信における暗号化・パスワード保護の実装

当社では、誤送信などによる情報漏えい防止のため、当社よりお送りするメール添付ファイルに対し、専用ツールにより暗号化およびパスワードを施すことがあります。

これに伴い、お受け取りになられた方には、ファイルをご利用いただく際、当社担当よりお知らせするパスワードにて復号いただく手順が発生致します。

このような措置に関しまして、主旨を充分ご理解頂きご協力お願いいたします。
尚、セキュリティ事故防止に向けた措置に関するお問い合わせは、当社各担当営業又は代表番号までご連絡下さい。

個人情報に関するお問い合わせ

当社は、収集した氏名、住所、電話/FAX番号、E-maillアドレス、会社名、部署名、役職等の個人情報について、以下の方針で取り扱います。

  1. 登録情報の開示/変更/削除について
    当社は、皆さまの個人情報をできるだけ正確かつ最新の内容で管理します。
    情報の開示/変更/削除については、以下の手順にてご請求ください。

    (1)『開示/変更/削除依頼書』 をダウンロードしてください。
    (2) 依頼書に必要事項をご記入ください。
    (3) 住民票を同封の上で、郵送にて下記宛てにお送りください。
    ※ 住民票は、回答返送時に返却致します。

    郵送先:
    〒222-0033
    横浜市港北区新横浜2-3-12 新横浜スクエアビル
    株式会社PALTEK
    個人情報管理担当 行き

    ※ 依頼書受領後、1-2週間程度を目安に郵送にて回答致します。

  2. 個人情報に関するお問い合わせ先
    当社における個人情報保護に関してご質問などがある場合は、 こちらまでご連絡下さい。

プライバシーポリシー