株式会社PALTEK > ESG・SDGsへの取り組み > 社会への取り組み
社会における取り組み

社会への取り組み

当社は、創業以来「多様な存在との共生」という経営理念のもと、「社員、お客様、仕入先、投資家との共存共栄を目指す」ことを行動指針の一つとし、お客様が抱える課題へのタイムリーで最適なソリューションの提供に努めてまいりました。当社は、以下の実施することにより社会への責任と貢献を果たしてまいります。

  • 従業員への取り組み
  • お客様への取り組み
  • 株主の皆様への取り組み
  • 地域社会への取り組み
  • 防災への取り組み

従業員への取り組み

当社では従業員の健康・安全衛生について以下の活動を実施しています。

健康・衛生体制

当社では全社員を対象に健康診断、人間ドック受診に対し受診費用の一部負担等全社員が受診できる活動をしています。

育児・介護支援制度

育児・介護を行う従業員に対する家庭との両立支援が可能となる制度を導入しています。

  • 半日単位の有給休暇制度
  • 育児休業制度、短時間勤務制度、看護休暇
  • 介護休業制度、看護休暇・介護休暇、介護短時間勤務制度

ダイバーシティ推進

仕入先や株主などパートナーは世界に広がっています。そのため、他国の商習慣を理解し、尊重しなければビジネスは成立しません。さらに、お客様や仕入先との長期的な正しい取引関係を継続維持させるためには、お客様や仕入先の抱える多様な問題や要求に適切に応じ、ビジネスを成功に導く共生のパートナーになれるかどうかによります。 PALTEKは、グローバルなフィールドから、さまざまな国の人々が集まり、集団を形成しています。他国や他民族の文化や歴史をお互いに尊重し合える環境を整備しています。

生涯現役社会の実現に向けた雇用・就業環境の整備

希望者全員の知識と能力に応じて65歳までの継続雇用として、60歳定年後再雇用制度を導入しています

女性の活躍に関する取り組み

特に家庭を持った女性にはそのことにより不利益を受けず、女性活躍推進し、子育て支援への取り組みを行っています。

人材育成

全社員が以下の行動指針も基づき行動できるように人材育成を行っています。

PALTEK行動指針

  • 社員、仕入先、お客様、投資家との共存共栄を目指す
  • 地球との豊かな共生を図る
  • 自らに闘争心を、相手にいたわりのこころを持つ
  • 素晴らしい人生を送るために 「Growth through challenge, advantage through speed」
  • より良い仕事をしていくために 「高き山をめざす」
  • 正しい判断をしていくために 「着眼大局、着手小局」
  • 燃える集団づくりのために 「継続と執念で途絶える事ない連鎖反応を起こす」
  • 法令を遵守し誠実かつ倫理的に行動する

フィロソフィ教育

全社員を対象とした日常業務とは離れた内容で定期的に実施されます。
フィロソフィ教育はPALTEKの経営哲学を学ぶ教育です。
我々の経営哲学「多様な存在との共生」です。なぜなら、人間が充実した人生を送るために、
我々は互いの存在を認識し、尊重し、長所を出し合い、短所補完しあわなければならないからです。

この経営哲学をベースに、グローバル社会における競争の中で共生のパートナーとなるべく研鑽を積み、お客様の発展に貢献することを通じて、社員の物心両面の充実を図ります。

新入社員教育

入社後1か月間新入社員全体研修を実施します。社会人としての一般常識、知識、経営理念、各事業部・関係会社業務内容、環境方針、情報セキュリティ等基本的な内容を学習します。

入社後の人材の育成

全社員が会社のシステムやフロー充分に活用できるように、各部門の担当者により総括的で具体的業務に即した内容で教育を実施します。これにより無駄な作業をなくし、効率的な業務が実施できます。

提案制度による業務改善

業務効率化を目的とした全社員を対象とした提案活動を実施しています。この活動の中から全社展開すべき事案はタスク案件として予算化されていきます。

お客様への取り組み

当社は「多様な存在との共生」という経営理念のもと、ソリューションサプライヤーとして社会的意義ある価値を創出し、ニーズとシーズを照らし合わせた、付加価値の高い製品やソリューションの開拓・開発・提案を行ってまいります。

株主・投資家の皆様への取り組み

当社は、株主・投資家、その他ステークホルダーの皆様に対し、公正で適時適切な情報を提供することにより、当社の事業内容及び経営への理解と信頼をいただけるように努めております。また、これに加えコミュニケーションの充実を通じて、経営の質をさらに高め企業価値の向上を推進してまいります。

株主・投資家の皆様とのコミュニケーション

当社は、株主・投資家の皆様向けに以下のような取り組みを行っております。

  • 集中日を避けた株主総会の実施
    当社は、多くの株主の方に株主総会に参加いただくため、2003年3月29日に開催した第21期定時株主総会より、毎回、土曜日の午後1時から定時株主総会を開催しています。
  • 集中日を避けた株主総会の実施 当社は、多くの株主の方に株主総会に参加いただくため、2003年3月29日に開催した第21期定時株主総会より、毎回、土曜日の午後1時から定時株主総会を開催しています。

  • アナリスト・機関投資家向けに定期的に説明会を開催
    当社は、期末・第2四半期決算後にアナリスト・機関投資家向けに決算説明会を開催しています。また、その内容を動画に撮影し、多くの投資家の方にご覧いただけるよう当社のウェブサイトに掲載しています。決算説明会を開催しない第1四半期および第3四半期においては、四半期決算短信に加えてプレゼン資料も合わせて開示し、当社ウェブサイトに掲載しています。
  • 個人投資家向け説明会への参加
    当社は、個人投資家の皆様に当社のことをより深く知っていただくために、IR支援会社や日本証券アナリスト協会が主催する個人投資家説明会に参加しております。

これらのIR活動で寄せられたご意見は、経営層にフィードバックし、今後の事業経営に反映させるよう努めてまいります。

地域社会への取り組み

かながわSDGsパートナーへの登録

当社は、神奈川県やかながわSDGsパートナーと連携し、SDGsの実現に向けた取り組みを推進してまいります。

概要

「かながわSDGsパートナー」とは、神奈川県と持続可能な開発目標(SDGs)への実現に向けた取り組みを行う企業・団体等が連携し、またパートナー間の連携を県が後押しすることで、県内のSDGsに関する企業・団体等の取り組みを促進させる制度です。


当社のSDGs実現に向けた取り組み

当社のSDGs実現に向けた取り組みについては、こちらのページに記載しています。


防災への取り組み

当社はサプライチェーンを維持するために、自然災害・パンデミック等に対して備えを施すことは大きな社会的責務です。
防災マニュアルの整備、避難訓練の実施など防災教育の徹底を図ると共に、災害発生時の連絡体制、安否確認訓練の実施など防災体制の整備に常に務めています。