HOME | 梱包資材の世界動向とRanpak社の紹介 | 梱包材に[紙]を使うメリット

梱包材に[紙]を使うメリット

紙は可変性に優れているため、どんな製品・箱でも適応が可能です。
プラスチックに比べて廃棄やリサイクルも容易で、再利用率が高いなどの数々の特長があります。

高いリサイクル率

10人の消費者のうち8人が、環境により優しいものとして紙で包装されるほうを好みます。紙のリサイクル率は、プラスチックの24%に対し、72%にものぼります。

コストの削減

プラスチック資材と比べて、資材コストの削減、資材保管スペースの削減、梱包作業高速化による労働コストの低減につながります。

廃棄・リサイクルが容易

紙の梱包材は段ボール箱などと同じ材質のため、一緒に簡単に処理することができます。

多種多様な製品を保護

紙はどんな空間にも合わせて形づくることができます。そのため、紙は箱の中の多種多様な製品を保護することができます。

美しい梱包

紙は見た目がきれいな上に、様々な使用方法もあり、開梱するのも簡単です。

優れた環境ライフサイクル

① 二酸化炭素を放出しません

植物には、光合成のために二酸化炭素を取り込み、酸素を放出する自然の特性があります。紙の生産および処理の過程で放出される二酸化炭素は、森林によってすみやかに吸収されます。

② 持続可能な資源です

FSC認証に代表されるように、紙は、森林を適切に管理し、植林・育成を行えば、環境保全の点からも適切で、社会的な利益に適い、経済的にも継続可能は資源となります。Ranpak社は FSC認証された紙サプライヤーと取引を行っています。

FSC 認証とは

FSC(Foret Stewardship Council、森林管理協議会)は、環境に配慮した適切な管理・育成がなされている森林や、そこから生産された製品の認証・評価を行う国際機関です。

③ 有害物質を含みません

紙の緩衝材は接着剤やホチキスを含みませんので、有害物質は含まれていません。RoHS指令(有害物質使用制限指令)にも適合しています。

RoHS指令とは

電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する欧州議会及び理事会指令。鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエーテルの含有率を指定の数値以下にすることが定められています。

④ 廃棄・リサイクルが容易です

紙による梱包資材は、段ボール箱など他の紙を用いた包装材と同じように簡単に廃棄やリサイクルが可能です。プラスチックの再利用率は24%であるのに対して、紙の再利用率は73%です。紙はそのまま再利用したり、リサイクルして別の紙製品に生まれ変わることが容易です。

紙梱包資材の環境ライフサイクル
PALTEKはプラスチックの削減に取り組んでいます。
PALTEKは海洋プラスチックごみの問題解決に取り組んでいます。
無料トライアルできます無料トライアルできます
Ranpak通信購読
Ranpak YouTubeチャンネル
Ranpak WEBサイト