HOME | Ranpakソリューション | コールドチェーン向け紙梱包ソリューション | 採用事例 | コールドチェーン向けソリューション 採用事例

品質の劣化を防ぐ低温管理を紙梱包で可能に!
輸送用断熱材を大幅にコストカット!

コールドチェーン向けソリューション 採用事例

Ranpak製品(WrapPak, PadPakなど)を使用して、紙による断熱材を成形し断熱・保温(保冷)を行うことが出来ます。
 
以下のようなメリットがあります。

  • ドライアイスの梱包資材を見直すことで、コスト削減が可能
  • 早く・簡単に扱えるため、人件費・教育費を削減することが可能
  • 資材保管スペースの削減が可能
  • ドライアイスは原料の不足から出荷制限がかかる場合があり、安定的な調達に不安な企業様にとって、ドライアイスの「保冷材+紙梱包資材」への切り替えは最適な方法。

 
コールドチェーン向け紙梱包ソリューションを導入されたお客様の事例をご紹介します。

Diet Chef (食品)

ダイエットシェフは、約120種類の朝食、昼食、ディナー、スナック用食品を毎日、英国全土、さらに海外にも供給をしている会社です。
2018年6月までは常温で提供されるダイエット食品
のみ提供していましたが、電子レンジでの調理が容易な冷凍食品のラインナップの拡充を決定。



PALTEKはプラスチックの削減に取り組んでいます。
PALTEKは海洋プラスチックごみの問題解決に取り組んでいます。
無料トライアルできます無料トライアルできます
Ranpak通信購読
Ranpak YouTubeチャンネル
Ranpak WEBサイト