株式会社PALTEK > ソリューション事業 > モビリティソリューション > モビリティソリューション 一覧 > 超小型ビークル/バッテリ シミュレータ「白虎」| モビリティソリューション

自動運転・EV開発用シミュレーション高速化

超小型ビークル/バッテリ シミュレータ「白虎」

自動運転向けビークル/バッテリ シミュレータを手軽に導入!
即日ECUの単体テストが可能
超小型ビークル/バッテリ シミュレータ「白虎」

特長

① 即日ECUの
単体テストが可能
ECU検証環境の構築に必要なセンサー情報が搭載されているため、ECUの機能試験、適合試験を短時間で実現
② Simulink®ビークルモデル搭載
(ビークルシミュレータ)
Simulink®ビークルモデルを搭載し、加速度センサ、角速度センサ情報をCANで出力
(バッテリシミュレータもあり)
③ CAN仮想ノードの生成・出力
任意のCAN仮想ノードを複数フレーム出力
(ドアロック、IG、ACCなど)
④ ポータブル
小型軽量サイズ
 120 x 110 x 33mm  450g
(本体のみ)

モデルベースデザイン
設計受託の詳細へ

自動運転車・電動化開発用シミュレータ

モデルベース開発のさまざまな場面で活用が可能です

概略

ビークルシミュレータ

自動走行モードとマニュアル走行モードの2種類。
必要に応じて数種類のパラメータ設定でも動作可能です。
速度/ステアリング/ブレーキなどの設定にて速度/加速度/ヨーレート/ロール角/ピッチ角などが確認できます。
メーターECU,インパネ関連ECUなどのIO試験、機能試験に活用できます。

バッテリシミュレータ

入力/出力パラメータ約10種類、バッテリ特性パラメータ約40種類。
別オプションでセルバランス制御、SOHなど追加可能です。
白虎1台で直列で最大512Cellのバッテリを模擬することができます。
統合テストでCANネッワークでバッテリ情報を送信してほしい場合に最適です。

システム構成

自動運転車・電動化開発用ハードウェア リアルタイムシミュレータ

「白虎」に搭載しているプラントモデルには、株式会社ネクスティエレクトロニクスが開発したモデル(ezVDM)を使用しています。

白虎活用事例 インパネECU 単体・統合試験

特長

  • インパネECUの試験に必要な車速、加速度センサー、角速度センサーの出力
  • 試験に必要な仮想CANノードの出力

主な仕様

主な仕様
項目 仕様
HOST I/O USB2.0 * 1ch
ECU I/F CAN * 2ch
  • バッテリモデル情報(充電・放電、SOC、セル電圧、パック電圧、定格容量など)
  • 車両運動モデル情報(車速、加速度、ロール、ピッチ、ヨー、イナーシャなど)
バッテリモデル バッテリ情報(充電・放電、SOC、セル電圧、パック電圧、定格容量)などをCAN送信
車両運動モデル 車両運動情報(車速、加速度、ロール、ピッチ、ヨー、イナーシャ)などCAN送信
外形寸法 (W)120mm x (D)110mm x (H)33mm
重量 450g(本体のみ)
消費電力 10W(参考値)
ECUテストを
すぐに開始したい
早く検証を開始したい
手軽で安価なシミュレータを
探している
手軽で安価なシミュレータを探している
テスト装置の台数が少なく
すぐに使えない
必要なHILSを自由に使えない

お問合せ集 / FAQ

① 製品サポート体制について教えてください。

① 専用WEBポータルサイトを用意しており、製品仕様書や手順書など日本語、英語のマニュアルをダウンロードすることができます。また製品に関するお問い合わせにつきましては、ポータルサイトの問い合わせページよりご入力をお願いいたします。担当者から連絡させていただきます。

② 海外生産拠点での使用について教えてください。

② ご利用を想定される国・地域含め別途ご相談ください。

③ 故障対応について教えてください。

③ 故障対応期間は納品後、1年間です。

④ バッテリモデル、車両運動モデル以外のモデルを実装することは可能ですか?

④ カスタマイズにて対応いたします。また白虎とは別製品のMODEL CUBEでは、自由にプラントモデルを実装いただけます。

⑤ MILSには対応可能ですか?

⑤ MILSの高速化を開発中です。プラントモデルをPCからシミュレータにオフロードさせます。ご興味の方はお問合せ下さい。

⑥ アナログIOやデジタルIOを搭載することは可能ですか?

⑥ 可能です。筐体は変わりますが、アナログ入力、アナログ出力、デジタル入力、デジタル出力が可能な製品もございます。

⑦ 一般的なHILSとの差異を教えてください。

⑦ 白虎はモデル実装済みで且つ持ち運び可能なポータブル形状にしております。
場所を問わず、何処でもテスト出来る様、手軽さを追求したHILSになります。

⑧ バッテリモデル、車両運動モデルの操作について教えてください。

⑧ 白虎はECU検証向けにバッテリ情報が欲しい方、車両運動情報が欲しい方に最適です。白虎の操作用に付属しているWindows操作ツール Byakko Stationによりモデルの入力パラメータに値を設定し、PCより白虎に通信します。パラメータ情報はCANフレームのペイロードにマッピングすることでCAN2.0BにてECUに送信することができます。またByakko Stationにて入力パラメータ、出力パラメータの状態を波形データにて表示することも可能です。

関連製品のご案内

ご相談・ご質問は
お気軽にどうぞ。

ご相談・ご質問は下記よりお気軽にどうぞ。

お問い合わせはこちら

045-477-2017 受付時間 9:00~17:00(土日・祝日除く)

株式会社PALTEK 東日本営業部 Mobilityビジネス担当