Geami WrapPak M EDGE

柔軟で使いやすい、省スペースの包装システム

Geami WrapPak M EDGE

柔軟で使いやすい、
省スペースの包装システム
Geami WrapPak M EDGE

Geami WrapPak Manual Edgeコンバーターは、ダイカット(切れ込み)入り紙を網状の3Dハニカム構造に展開します。手動で使える製品ラインの中でも、Geami WrapPak M EDGEは設置面積が非常にコンパクトなため、スペースの限られた梱包スペースに最適です。

包装は、梱包の内容物を、表面の摩耗、その他の取り扱い時の小規模な事故などから保護する必要がある場合に不可欠です。WrapPakシステムは、複数品目の同梱時、内部での接触により引き起こされるなどの損傷を防ぐ、環境に配慮した紙材を梱包材に活用するための、特許取得済みのプロセスを採用しています。

Geami WrapPakは、ダイカット(切れ込み)入りクラフト紙とインターリーフ紙(薄紙)と組み合わせています。 The Geami WrapPak M EDGEコンバーターはダイカット紙を網状の3Dハニカム構造に展開し、独自の包装材を形成します。 斜めになったペーパーセルを噛み合わせることで、ガムテープや切り抜きの必要なく中の商品を安定して包装できます。コンバーターは保護ラップが必要な個々の品目がある梱包ステーションに置きます。

Geami WrapPak M EDGEの特長

保護

高品質のダイカット型クラフト紙とインターリーフ紙を組み合わせることで、従来の包装を凌ぐ、優れたクッション性と保護性を備えた、強力で耐衝撃性の素材となっています。

生産性

3D Geami WrapPakは、テープ止めや切り抜きを必要としない画期的な紙です。 梱包前寸法が小型化するので、輸送、取り扱い、保管コストを削減します。

サスティナビリティ

従来のエアキャップに代わる、持続可能で生分解性のある、リサイクル可能な代替物です。リサイクルセンターの負荷を緩和しブランドの評判を向上させる、サスティナビリティに対する将来の規制も視野に入れた優れた素材です。

美しい見た目

箱内の見た目はもちろん、開梱もスムーズです。Geami WrapPakは魅力的なデザインのインターリーフ紙を使用し、色や自由に指定可能な印刷ロゴ、デザインで、ブランディングを向上します。

仕様

コンバータ
寸法(横×奥行×高さ) 71x27x71 cm
重量 10 kg
消費電力 手動で操作
カット方法 手動
専用紙
  ダイカット紙
(網目の紙)
インタリーフ紙
(薄紙)
長さ 420 m(展開時) 840 m
50.8 cm 30.5 cm
坪量 80 g/㎡ 22 g/㎡
面積(展開時) 168 ㎡ 168 ㎡
茶色/白色 白色/黒色

資料

  • 動画

    Geami® WrapPak ME 製品紹介

    YouTube動画はChromeまたはFirefoxでご覧ください。

  • PDFダウンロード

Geami®シリーズ採用事例

メルマガ「Ranpak通信」購読申込み

Ranpakについてのお問い合わせは
下記よりお気軽にどうぞ。

Ranpakについてのお問い合わせは下記よりお気軽にどうぞ。

お問い合わせはこちら

03-4241-2597 受付時間 9:00~17:00(土日・祝日除く)

Ranpak担当まで