株式会社PALTEK > デザインサービス事業 > 設計受託・ODM > アサーションベース検証立ち上げ支援サービス

アサーションベース
検証立ち上げ支援サービス

Wilson Research Groupが実施した機能検証の市場調査によれば、アサーションを使用する大多数はSystemVerilog Assertions(SVA)を使用しています。SVAは2005年にIEEE標準となっています。新たな手法が登場したときに、それを開発フローに導入するには、言語の習得に始まり、その効果を評価しては改善するなど、多くの労力を要します。
PALTEKではこの労力を低減し、誰もがアサーションを使い始められるようにするための支援策として、「アサーション立上げ支援サービス」という有償のサービスを提供しています。

アサーションベース検証 立ち上げ支援サービスとは

概要

アサーションを導入しようとセミナーを受講したり、書籍で学習してみたものの、なかなか開発フローに取り込むことができないプロジェクトもあるのではないでしょうか。アサーション導入には、以下のような事が、障壁となっているかもしれません。

  • プロジェクトに関わるメンバー全員が、アサーション言語を習得する機会がない
  • アサーションを試すツールライセンスが空いていない
  • アサーションの導入に取り組むための人的リソースが捻出できない
  • FPGAだけでなくボード設計や製品サービスなどの業務もあり、アサーション導入に注力できない

アサーションベース 立ち上げ支援サービスは、このようなアサーション導入の障壁を回避することを目的としており、当社がアサーション記述を代行するサービスで、以下のような特徴があります。

  • お客様の社内、部内で使用ケースの多い一部のブロックに対してアサーションを適用
  • 最も効果が期待されるブロックのインタフェースに限定して実施

アサーション立上げ支援サービスでは、お客様のプロジェクトや組織の中でも広く長く使われるブロックや、ハンドシェイクなどのプロトコルが決まっているブロックについて、その入力と出力のアサーションを定義します。最終成果物は、該当するアサーション記述とその解説書(検証仕様書)です。


提供されたアサーションはさまざまな目的で使用していただくことが可能ですが、ターゲットのブロックを再利用する際には必ずアサーションを一緒に再利用することで、そのブロックに接続する他のブロックのバグを自動で検出することが期待されます。

アサーションの使用方法と効果

提供されたアサーションはさまざまな目的で使用していただくことが可能です。

  • 入力パターンへの制約を課しテストの妥当性を確認することができる
  • ターゲットが新規設計の場合、期待される動作をしているかの確認や、すべてのアサーションが活性化されているかを確認することができる
  • ターゲットを設計に統合する際に、前段のブロックから正しい条件やシーケンスで信号が渡されているか、後段のブロックとのハンドシェイクなどが正しく行われているかを確認することができる
  • ブロック間の通信に問題があれば、その場で自動的にエラーメッセージがアサートされる

アサーションを社内、部内で継続的に活用することで、アサーション検証手法が加速するだけでなく、さまざまなプロジェクトにおける品質向上が期待できます。

サービス開始にあたって

ご準備いただくもの

お客様側では以下のものをご準備ください。

  • ターゲットのブロック選定 (過去に問題となった事が多いブロック、再利用性が高い社内バスなどがおすすめです)
  • ターゲットのブロックの機能仕様書、I/O仕様書
  • RTL記述

当社から提供するもの

当社からは以下のものを提供させていただきます。

  • ターゲットのブロックのインタフェース用アサーション記述(ソースコード)
  • アサーションを組み込むためのスクリプト
  • アサーションの解説と使用手順書

フレキシブルな対応

このサービスの目的は、アサーションを導入する際の障壁を取り除き、誰もがプロジェクトでアサーションを使った検証ができるようにすることです。当社では以下のようなサービスもオプションで提供可能です。

  • ターゲットブロックの選定支援(※前項のサービス利用を前提)
    どのようなブロックをターゲットにすると効果的かを見極めるブロック選定の支援サービス 
  • 仕様書が存在しない場合の仕様書リバース作成サービス(当サービス単体でもご提供可能)
    仕様書が存在しない場合には、ターゲットブロックに対する「ベストエフォート」の仕様書作成サービス
  • 社内へのアサーション普及支援(当サービス単独でもご提供可能)
    アサーションに関わる方への「SystemVerilog Assertions 実践セミナー」の実施

関連情報

ご相談・ご質問は
下記よりお気軽にどうぞ。

ご相談・ご質問は下記よりお気軽にどうぞ。

お問い合わせはこちら

03-4241-2597 受付時間 9:00~17:00(土日・祝日除く)

株式会社PALTEK ソリューション事業本部 ODM担当