株式会社PALTEK > デザインサービス事業 > モデルベースデザイン設計受託

モデルベースデザイン設計受託

モデルベースデザイン(MBD)とは

モデルベースデザイン(MBD)とは

モデルベースデザインとは、システム全体において影響を与える機器や環境などを、解析データや理論式から導出した「モデル」で表現し、それを使用して実装前の早期段階において、シミュレーションによる検証を入念に行いながらシステム開発を進めていく設計手法です。
モデルベースデザインを活用することで従来開発の各工程を改善し、開発期間の飛躍的な短縮と、設計品質の向上を実現することができます。

モデルベースデザインは、さまざまな状況を想定した制御の検証を行い、製品化のために何度も試作を検証する必要のある製品に活用されます。
例えば、自動車開発は多機能化・高性能化が進んでいますが、その一方で開発期間はさらな る短縮化が求められています。そして、個々の機能が複雑になるため各機能の相互検証が必須となり、品質保証のためのテスト項目も増大しています。これらを効率的に検証し、製品開発を行うためにモデルベースデザインが活用されます。
現在では自動車のほかに航空宇宙分野などのシステム開発を中心に積極的に活用されていますが、医療機器やロボット、インフラ関連分野などのシステム開発でもモデルベース開発の活用がさらに促進されていくと考えられます。

V字プロセスに則った設計・検証フローを実現

V字プロセスは、主にソフトウェア開発で用いられる開発手法の一つです。
PALTEKは、開発工程からテスト工程までを一貫して受託することで、V字プロセスに則ったモデルベース設計/検証フローを実現いたします。

V字プロセス

PALTEKのモデルベースデザイン設計受託の特長

Mathworks社MATLAB®/Simulink®で開発したモデルをFPGAに実装する作業やモデル設計など行います。
PALTEKでは、自社製リアルタイムシミュレータやオリジナルFPGAプラットフォームなど多数取り揃えており、お客様のニーズに合った提案と開発を行います。

<対象>

  • Mathworks社MATLAB®/Simulink®でのプラントモデル、コントローラモデルの開発
  • Mathworks社Simulink® モデルをハードウェア化し、高速化対応
  • Mathworks社Simulink®モデルをXILINX ALVEOへ実装

車載分野製品の試作をサポート

車載分野が得意なパートナーと共に、要件定義から製造まで、車載製品の試作機開発を承ります。

こんなお悩みをお持ちでしたら、いますぐお問い合わせください。

こんなお悩みをお持ちでしたら、いますぐお問い合わせくだい。
  • 仕様は完成したけど モデルの作り方がわからない
  • モデルを設計・検証するリソースが足りない
  • モデルのシミュレーションに時間がかかりすぎる
  • モデルの使い勝手が悪い
  • 検証コストを抑えたい

PALTEKのモデルベースデザイン ソリューション

HILS向け検証装置(PALTEK開発製品)

超小型ビークル/バッテリ シミュレータ「白虎」

モデルベース開発環境がなくても、ECUのテストがすぐにできるシミュレータ
白虎には、ビークルシミュレータ/バッテリシミュレータの2種類があり、
1msの演算周期を実現しています。

ビークルモデル

車速、加速度センサ(前後加速度、横加速度)、角速度センサ( ロール、ピッチ、ヨー)の情報を出力する事が出来、 自動運転の制御シミュレーションに活用出来ます。

バッテリモデル

バッテリの定格容量を自由に設定出来、 バッテリセルを最大512直列で構築出来ます。
セル、パックの充放電の模擬やSOCの状態を確認可能です。

CAN CUBE

超小型CANフレーム送受信機「CAN CUBE」

テストのシンプル化ソリューション
お好みのCANフレームを簡単に送受信できる超小型のCAN送受信機
複数の検証を平行して行う場面でも高価な機材を多数用意することなく、CAN CUBEで手軽に環境を構築できます。 PCを必要としないので、持ち込みのデモや展示会も簡単にセットアップできます

かんたん設定、かんたん操作

初期設定済みで納入されるので、ボタン1つの操作で設定したCANフレームを簡単に送受信

超小型、超軽量

手のひらサイズで持てる重量90g、モバイルバッテリでも駆動可能

評価システムをコンパクト化

PCレスでCANフレームを送受信可能、CANネットワークで構成されたECUの評価システムをシンプルにできます

MODEL CUBE

高速演算リアルタイムシミュレータ「MODEL CUBE」

各種プラントモデル・信号処理モデルを
自由に実装可能な高速演算リアルタイムシミュレータ
コアデバイスにFPGAを採用することで、お客様モデルの書き換えが自由に実装可能です。 CPUと周辺I/Oが持つリアルタイム処理の課題をFPGA+実装済みI/Oで解決し、リアルタイムをFPGAで実現します。

低消費電力

FPGAによる低消費電力化が小型・ファンレスを実現、静音かつ設置性と保守性を向上

かんたん操作

FPGAの設計経験が無くても使える組込環境、モデルとI/Oの接続設定だけで後は自動化

かんたんGUI

モデルパラメータ設定・CAN動作設定・モニタ信号設定を直感的に操作可能

MILS 設計プロセス向けプラントモデル

IAT社
Mathworks® MATLAB®/Simulink® EVモデル

株式会社IATで開発したSimulink® EVモデルは、1Dシミュレーションに最適なモデルで、モータやバッテリ特性、そして車両仕様のパラメータを設定していただくことにより、電費、航続距離、動力性能の車両性能のシミュレーションが手軽に行えます。

EVモデルの4つのサブシステム(Simulink®モデル)

EVモデルは4つのサブシステムで構成

  • モータモデル
  • バッテリモデル
  • ドライバモデル
  • ビークルモデル

特長

  • MathWorks社 Simulink® で使用出来る電気自動車のプラントモデル
  • お客様の車両仕様はMicrosoft Excel®で簡単に設定可能
  • 簡易コントローラモデルも付属
  • カスタマイズ可能

ご相談・ご質問は
下記よりお気軽にどうぞ。

ご相談・ご質問は下記よりお気軽にどうぞ。

モデルベースデザイン設計受託に関するお問い合わせはこちら

045-477-2030 受付時間 9:00~17:00(土日・祝日除く)

株式会社PALTEK モビリティビジネスディビジョン