1. 株式会社PALTEK
  2. TECHブログ
  3. 製品情報
  4. 業界最安値のGPUaaS 「GPUSOROBAN」とは

TECHブログ

業界最安値のGPUaaS 「GPUSOROBAN」とは

GPU
業界最安値のGPUaaS 「GPUSOROBAN」とは

近年、ゲーム制作、コネクテッドカー、映像解析などの分野で急速に活用されているGPUaaSをご存じでしょうか。GPUaaSとは「GPU as a Service」のことで、GPUを搭載したサーバなどをIaaS(Infrastructure as a Service)型で利用できるクラウドサービスです。

今回、AI開発や高解像度映像のレンダリング、交通インフラや医療などのシミュレーションなどに活用されるGPUリソースを、低コスト・定額料金で利用できるハイレゾの業界最安値※1GPUクラウドサービス「GPUSOROBAN」を紹介します。

目次

高まるGPUaaS市場

GPUaaSの市場規模はGlobal Market Insights Inc.(グローバルマーケットインサイト)によれば、2027年には$15B(約1兆9,500億円 ¥130/$換算)市場と言われています。IaaSと呼ばれるオンデマンドサービスの中でもGPUaaSは20%占めています。

さまざまな業界で画像処理アルゴリズムの需要が高まっており、GPUaaSで使用されるGPUはイメージングソフトウェア分野において、2027年までに40%を超える年平均成長率(CAGR)で成長すると予想されています。

例えばヘルスケア分野では、グラフィックシステムで高解像度ディスプレイを駆動するために医用画像で使用される高性能グラフィックプロセッサを採用しています。GPUaaSは、画像処理に関連するタスクを容易にするための高性能な計算機能を実現するために重要な役割を果たします。今やゲーム開発、AI開発、コネクテッドカー開発にはGPUaaSは欠かせなくなっています。

GPUaaSはオンプレミスと呼ばれるサーバーシステムを複数購入せず好きな時間に好きなだけ使えるため、GPUaaSを採用したい開発者が増えていると考えられます。

GPUaaSの市場は今後更に拡大していくと考えられますが、その理由としては以下が考えられます。

  • オンプレミスサーバが高価で購入できない
  • GPU搭載のオンプレミスサーバを使用すると消費電力が高く、電気代がかかる
  • オンプレミスサーバを購入すると固定資産税がかかる
  • クラウドサービスの場合、最先端のGPUサーバを使用できる
  • クラウドサービスの場合、一人1台GPUサーバを使用できる

一方で市場拡大により、GPUaaSを活用する企業が増える中、別の問題が浮上しています。
それは利用料金が安くないことです。

最先端のGPUサーバを導入しなければならないGPUaaSベンダーは設備投資・メンテナンス費用・電気代(冷却空調代含む)・土地代などのコストが原因となっています。

そこで本ブログでは、当社が2022年3月より代理店となった業界最安値※1を展開するGPUaaSメーカー ハイレゾ社の「GPUSOROBAN」について紹介します。


「GPUSOROBAN」とは

「GPUSOROBAN」とは株式会社ハイレゾが運営する日本最大級のGPUクラウドサービスです。
表1.株式会社ハイレゾの概要
社名 株式会社ハイレゾ
設立 2007年12月
代表者 代表取締役:志倉 喜幸
所在地 東京都港区元赤坂1-1-8 赤坂コミュニティビル5F
資本金 9億5,600万円(資本剰余金を含む)
社員数 40名(非常勤およびパートタイマー含む)
役員 代表取締役 :志倉 喜幸
取締役   :小林 稔
取締役   :小堀 敦史
取締役   :中野 雄介
監査    :片寄 裕市(TUSIC代表取締役)
株主 志倉喜幸、東京理科大学イノベーション・キャピタル (株)、(株)北陸電力、(株)シフラ、(株)神宮館、役員

上記データは2022年6月1日時点

「GPUSOROBAN」の特徴

「GPUSROBAN」の主な特徴は以下のとおりです。

  • ハイエンドからミドルエンドまで取りそろえたGPUaaS
  • 業界唯一※2の完全月額定額制を導入(電気代、インスタンス代、ディスク代、ネットワーク回線代など全て定額料金に含まれます)
  • 業界最安値※1の低価格プランを用意
  • サーバ自体にプリインストール済みのフレームワークを準備
    (AMD Radeon™ ProRender、Keras、Tensorflow、ANACONDA、Jupyter、Pytorch)
  • 無償評価可能


さらに、GPUスーパーコンピュータ HGX A100を8枚搭載したGPUスーパーコンピュータも利用可能です。


図1.GPUスーパーコンピュータ

(出典:株式会社ハイレゾ)


ハイレゾ社が保有するGPUデータセンターとは

現在、第1データセンターが稼働しており、2022年9月より建設中の第2データセンターが稼働予定です。

GPUデータセンターのコストの多くは空調代と土地代が占めています。
「GPUSOROBAN」のデータセンターは、GPUサーバを冷却するために放熱効率を考え抜いた「エアフロー設計」で建物を構築し、エアコンを一切使用せずに、ランニングコストを抑えています。またデータセンターは都市部ではなく、石川県に建設しています。

表2.第1データセンター情報

表3.第1データセンターのサーバ情報

(出典:株式会社ハイレゾ)

PUE(Power Usage Effectiveness)とは、データセンターの電力使用効率になります。

日本国内における標準的なデータセンターのPUEは2.0程度です。
(PUE=データセンター全体の消費電力/IT)

 

図2.第1データセンターの冷却システム

(出典:株式会社ハイレゾ)


第2データセンターでは更に最先端の建物を建設し、エアフロー設計を行っています。ランニングコストを抑えることでGPUaaSの利用料金を低価格で提供しています。


表4.第2データセンター情報

表5.第2データセンターのサーバ情報

(出典:株式会社ハイレゾ)


図3. 第2データセンターの冷却システム

(出典:株式会社ハイレゾ)


コスト比較

「GPUSOROBAN」の最大の特長は、その価格帯にあります。
NVIDIA社GPUを搭載したクラウドサーバーのサービスを利用する際、他社より低価格でご利用いただけます。さらに従量課金よりお得な月額定額料金プランもあり、数か月間など短期間で利用されたい方は従量課金より低価格でご利用できます。
「GPUSOROBAN」の従量課金、月額定額料金には電気代、インスタンス代、ストレージ代、データ転送代が全て含まれており、追加料金がかからないこともお勧めしたいポイントです。

以下表6.に他社との料金比較を掲載しますが、月額で40~50%コストダウンが図れます。
またA100以外のインスタンス(T100、AMD GPUなど)も用意しており、月額定額料金の場合、仮想インスタンス以外に物理サーバを確保することもできます。


表6.NVIDIA社A100を使用したGPUaaS料金比較
Gaasメーカー ハイレゾ A社 B社 C社
インスタンス nvd4-1 a2-highgpu-1g,A100 ND96asr_v4 P4d.24xlarge
月額料金(台) ¥223,133 ¥371,206 ¥376,652 ¥520,060
GPU NVIDIA A100×1枚 NVIDIA A100×1枚 NVIDIA A100×1枚 NVIDIA A100×1枚
GPUメモリ 40GB 40GB 40GB 40GB
CPUコア 15 12 12 12
システムメモリ 125GB 85GB 112GB 114GB
ストレージ 100GB 100GB 100GB 100GB
プリインストール CUDA,PyTorch,
Tensorflowなど
リージョン 日本 asia-southeast1(シンガポール) South central US (アメリカ南部) 日本

上記データは2022年6月1日時点

Wasabiと協業

株式会社ハイレゾは、米国マサチューセッツ州ボストンに本社を置くクラウドストレージ企業の Wasabi Technologies LLC の日本法人、Wasabiテクノロジーズジャパン合同会社とパートナー契約を締結しています。
ユーザーは、GPUSOROBANと「Wasabi Hot Cloud Storage」を併せて使用することで、複雑なストレージの組み合わせや価格設定を気にすることなく、AI・ディープラーニング向け大容量データのバックアップを導入することが可能になります。

Wasabi Hot Cloud Storageは、下りデータ転送料とAPIリクエストの無償化を実現し、AWS S3より80%安価で提供しています。イレブン・ナイン(99.999999999%)の高い堅牢性に加えて、データの書き込み・読み込み速度はAmazon S3と比べて高いパフォーマンスを確保しています。


まとめ

3日間の無償評価も行っているのでこれまで使用していたクラウドと使い勝手など評価することも可能です。
AI開発、画像レンダリングなどでGPUクラウドサービスが必要な場合、是非、業界最安値※1の「GPUSOROBAN」をご利用ください。


見積もり・無償評価などに関するお問い合わせはこちら

 

「GPUSOROBAN」を使用して、CUDAサンプルを動かす手順について資料にまとめています
詳細は以下よりご確認ください


 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

※1:NVIDIA A100を1枚あたりに換算した料金およびスペック。月額費用は1ヶ月(30日間)で算出。リージョンは日本に近い地域を選定。ストレージの料金は含まれます。(2022年6月1日時点)

※2:2022年6月1日時点

参考文献

Global Market Insights GPUaaS Market size to cross $15 Bn by 2027

「GPUSOROBAN」
ハイレゾ社 外部クラウドストレージ Wasabi hot cloud storage