1. 株式会社PALTEK
  2. TECHブログ
  3. 技術情報
  4. 【Vivado® ML Edition 2021.1】を使ってVCK190 評価キットのプロジェクトを作成してみた

TECHブログ

【Vivado® ML Edition 2021.1】を使ってVCK190 評価キットのプロジェクトを作成してみた

【Vivado® ML Edition 2021.1】を使ってVCK190 評価キットのプロジェクトを作成してみた

VCK190 評価キットのシリーズの第1弾はこちら
【Versal ACAP】 Versal™ AI コア シリーズ VCK190 評価キットを動かしてみた【紹介動画付き】

 

2021年6月末にXilinx社のツールであるVivado® Design Suiteの最新版として「Vivado® ML Edition 2021.1」がリリースされました。

 

ブロックデザインの中にブロックデザインを配置できるほか、CIPSのUIが変更など、多くの新機能や拡張機能があるようです。


Vivado® ML Editionの新機能はこちらからご確認ください


https://japan.xilinx.com/products/design-tools/vivado/vivado-whats-new.html


今回は、ツールインストールした後、Versal™ AI コア シリーズ VCK190 評価キットのシンプルなプロジェクトを作成し、書き込みしましたので、その内容についてお知らせします。


目次

ツールインストール

ツールインストールはCentOS PCで行います。

使用機材

PC OS:CentOS 7.6
評価キット Versal™ コア シリーズ VCK190 評価キット(EK-VCK190-G-ED)
USBケーブル USB Type-C Cable 評価キット付属品。
WindowsPCとVCK190を接続し、TRDにアクセスします。

インストーラーのダウンロードはこちらから
https://japan.xilinx.com/support/download.html

統合版インストーラーは、約52GBとサイズが大きいため、ウェブインストーラーを推奨します。

インストール

早速始めてみましょう。

まずはWelcome画面です。

Welcome画面



Select Product to Install 画面
Vitisを選択しました。

Select Product to Install 画面



Vitis Unified Software Platform画面。
全てを選択すると必要な領域が大きくなってしまうので、必要な分だけを選択します。

Vitis Unified Software Platform画面

※Accept License Agreements → Select Destination Directoryは割愛します。


インストールを開始して終了を待ちます。




インストールが完了し、起動して終了です。

インストールが完了し、起動して終了

プロジェクト作成 ~ 書き込みまで

早速プロジェクトを作成します。
こちらも作成までの画面を一部展開します。

✔ プロジェクト作成

Create ProjectからNextを選択して進めます。
Default Part画面です。今回はVersal™ VCK190 評価キットes版を選択します。

Default Part画面



プロジェクトが作成されたら、次にブロックデザインを作成します。
今回は、書き込みするだけなので、CIPSを置きます。

ブロックデザイン作成



Run Block Automationを選択します。
VIOを置くのでPL Clockを1つとおまけでLPDDR4とNoCも置いてみます。

Run Block Automation



各IPが生成されました。
書き込み後に作成した日付を確認したいので、VIOとConstantも追加しました。

各IPが生成されました



追加の設定は不要ですが、おまけでCIPSのUIです。
Vivado® Design Suite - HLx Edition 2020.xと比べてシンプルになった印象です。

CIPSのUI

Create HDL Wrapper → Generate Device Image と選択して、書き込み用のPDIファイルを作成します。



✔ 書き込み

PDIファイル作成後、書き込んでVIOの値を見てみます。デザイン作成日時(2021/6/29)が表示されることが確認できました。

PDIファイル作成後、書き込んでVIOの値を見てみます


終わりに

今回は、「Vivado® ML Edition 2021.1」でシンプルなデザインを作成してみました。 様々な新機能が追加されているようなので、TECHブログを通じてわかりやすくお伝えできればと思います。
調査依頼や、設計検討などありましたら、弊社デザインサービス事業までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

最後までお付き合いいただきありがとうございました。